ドメインについて


トップレベルドメインとは

ドメイン構造図

ドメイン名は階層構造をなしており、「www.gmoregistry.com」の1番右側にある「.com」にあたる「トップレベルドメイン(TLD)」があります。そして2番目の階層を「セカンドレベルドメイン(SLD)」と定義しています。
そして、このドメインとIPアドレスは重複することがないようにICANNによって管理されています。

レジストリとレジストラ

ICANN
ICANNは、The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers の略で、インターネット上で使用されるドメイン名やIPアドレスといったアドレス資源の割当管理を行う米国の非営利団体です。ドメイン登録業務を行うレジストラ(登録業者)を公認する権限を持っています。
レジストリ
レジストリは、ドメイン名情報のデータベースを一元的に管理している機関です。ドメインによってレジストリは異なり、例として「.com/.net」は、VeriSign,inc.「.org」はPublic Interest Registryによって管理されています。レジストリは、すべてのレジストラに対し平等に、共有登録システム(SRS:Shared Registry System)へのアクセスを保証し、中立の立場である事が要求されています。
レジストラ
ICANNに認定されているレジストラは、直接、各レジストリと契約を結びSRSを使用してレジストリデータベースにドメイン情報を登録する事ができます。またレジストリはトップレベルドメインごとに一つの組織しか認定されませんが、レジストラは価格面やサービス面から競争原理が働くよう、複数存在することができます。

世界のドメイン

ドメインは、gTLDとccTLDの大きく2つの種類に分けることができます。

gTLD
ジェネリックトップレベルドメイン(generic Top Level Domain)とは、一般的利用を目的として使用されるドメイン名です。ICANN設立以前から8種類のTLDが存在し、ICANN設立後の2000年に7種類、2003年に6種類のgTLDが追加され、「.com」「.net」「.org」「.info」「.biz」などをはじめ2009年7月時点で合計21種類となっています。
ccTLD
国別コードトップレベルドメイン(country code Top Level Domain)とはISO 3166-1のカントリーコード(2文字)に基づいたトップレベルドメインです。日本の「.jp」をはじめ、アメリカ「.us」、中国「.cn」、イギリス「.uk」、ベルギー「.be」など 約250種類あり、各国のアイデンティティを示すトップレベルドメインとして活用されています。

GMOドメインレジストリがお手伝いできること

ページトップへ戻る