ICANN News


News

2010/03/23
IDN ccTLD が要請する Fast Track 文字列評価が完了

ICANN はIDN ccTLDの文字列評価が無事に完了したと発表しました。それぞれのリクエストに対するアナウンスは以下のリンクのとおりです。
(英語):http://www.icann.org/en/topics/idn/fast-track/announcements-en.htm

これにより申請者は、IDN ccTLDのデリゲーションをIANAの機能を用いたICANNの標準TLDデリゲーションプロセスに習って始めることができます。

また、2セットのシンクロしたIDN ccTLDの審査が保留となっています。このプロセスに関しては、現在パブリックコメントが実施されています。

IDN ccTLD Fast Track プロセスは、2009/10/30に韓国・ソウルにて開催されたICANN理事会にて承認されており、申込みは2009/11/19から始まっています。このプロセスはラテン語以外の文字を用いた国や地域の言語がICANNにIDN ccTLDの申請する事を可能としました。IDN ccTLDの申請にはいくつもの必須条件があります。

*IDN ccTLD申請可能文字列はラテン文字以外
*IDN ccTLD申請可能言語は公式に国や地域を代表するもの
*特定の技術的必須条件を満たしている(DNSとIDNのエキスパートを含む外部からのDNS安定性評価パネルによる評価)

申請と審査プロセスは以下の3ステップがあります。

1.事前準備(国や地域からの申請者):IDN ccTLD申請に必要なコミュニティーの同意とサポート文書作成と、何の文字列を申請するか、どのようにTLDを運営するか、どの組織が運営するか
2.文字列評価:IDN ccTLD申請の審査は上記クライテリア(技術的、言語的必須条件)をもとに実施されます。申請書とサポート資料はhttp://www.icann.org/en/topics/idn/fast-track/から入手可能
3.文字列権限委譲: 申請が文字列評価のクライテリアを満たし、無事に審査を通った場合、ASCIIのccTLDと同様のICANN IANAプロセスでの権限委譲に進むことができます。文字列権限委譲申請は、IANAルートゾーン管理機能へ提出します。

現在、ICANNは11の言語で、19件のIDN ccTLD申請を受け付けています。ICANNはこれら全ての文字列に対して、文字列権限委譲とIDN ccTLDのシンクロ評価を完了させて、残りの申請に対する文字列評価、Fast Trackプロセスでの追加申請の受付をふくめ、DNSルートゾーンへの権限委譲を目指しています。

また、Fast Trackプロセスに興味がある国や地域のスタッフサポート機能があります。Eメールでidncctldrequests@icann.org あてにお問い合わせください。

申請書の受付状況や、申請完了状況はFast Track プロセスのウェブサイトで確認できます。
http://www.icann.org/en/topics/idn/fast-track.

ページトップへ戻る